• 水谷 純一

「カルシウムのダイエット効果」

最終更新: 10月7日

骨を丈夫にしてくれる印象が根強いカルシウムですが、

実は減量を促してくれる役割を持っています。

どうダイエットに効果があるのか、

その他にもカルシウムについてのあれこれをご紹介します。



はじめに

みなさんは、“カルシウム”についてどれくらいご存知でしょうか?



「骨や歯が強くなる🦴!」

「牛乳🥛や小魚🐟️とかによく含まれている」


というイメージがほとんどではないのでしょうか👀?


実はカルシウムの効果はそれだけではないんです!

今日はカルシウムについてたくさん学んでいきましょう~✨





《カルシウムの基本情報》


⇒カルシウムは、体重の1~2%を有しています。

1日に必要とされている摂取量は、


👨成人男性⏩️800~900mg

👩成人女性⏩️600~700mg


が必要と言われていますが、

実際のところ多くの日本人が摂取しきれていないのが現状です😰




《カルシウムの健康効果って??》


⇒骨に良いというだけでなく、

実は命に関わる大きな仕事を担っています。


例えば、心臓の筋肉や脳の神経細胞をコントロールする役割を持っています。




《カルシウムが与えるダイエット効果とは??》


⇒実は、カルシウムは脂肪を燃焼してくれる役割も持っています☝️


カルシウムが脂肪の合成を促し、

分解を抑えてくれる効果があることが研究結果でわかりました☺️


つまり、カルシウムが不足している人こそ脂肪の燃焼量が少なく、

蓄積しやすいことがわかります😦


ですから、ダイエットの時こそカルシウムをたくさん摂ることが

重要視されている理由になります😘✨


続いては、そんなダイエットに効果があるカルシウムは

どんな食材に含まれているのかについて触れていきます😤




《カルシウムはどんな食材に含まれているの??》


❇️乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)


❇️大豆製品(豆腐・納豆など)


❇️海藻類(ワカメなど)


❇️小魚(ホネまで丸ごと食べれるもの)


❇️葉物野菜(キャベツ・ブロッコリー・チンゲン菜・オクラ・ケール・えだまめなど)


❇️その他(アーモンド・オレンジなど)




《カルシウムの過剰摂取で心筋梗塞になりやすい!?》


⇒カルシウムのみならず、食事から全てを補うのは難しいですよね🙄

だから、サプリメントという形で

1日の摂取量を補っている人も多いのではないでしょうか?


しかし、そのサプリメントこそ使い方を誤れば、

良薬から毒になってしまいます…😟


食事から十分な摂取を行う場合は心筋梗塞の確率が低下します。


ですが、サプリからカルシウムを1日に1000mg以上摂取している人は、

まったく摂取していない人と比べると、

なんと約20%心筋梗塞の確率が上がったという研究結果が報告されています。


今心当たりがあると思った方は今日から気をつけましょう😊




《カルシウムの相棒はビタミンD!?》


⇒カルシウムの吸収を促してくれたり、

骨の代謝を高めてくれるために欠かせない存在こそ

“ビタミンD”なんです🥳



ビタミンDは、


・魚(鮭・まぐろ・鯖など)

・牛のレバー

・バター

・キノコ類


などの食品に含まれています。


ですから、できるだけカルシウムが含まれる食品と

ビタミンDが含まれる食品の食べ合わせを心がけることで

より体に良い影響を与えてくれます👼



おわりに


いかがでしたか🤓??

カルシウムについて漠然とした情報しか

知らなかった人も多かったのではないでしょうか?


体に良いからと過剰に摂取することは、

逆に病気のリスクを高めてしまう

ということも頭に入れていてもらいたいです👀


今日からダイエット中の方もそうじゃない方も

皆さんカルシウムを摂って健康体を目指しましょう🤭

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now