• 水谷 純一

【ダイエットとチョコレートの意外な関係!】




はじめに ダイエットとチョコレートの関係って?


こんにちは!M'sトレーニングジムの木川です!


数あるお菓子の中でチョコが好きな男、わたくし木川がお届けいたします!


皆さん、甘いものは好きですか?


特に、私が好きなチョコレート!……とか


ダイエットをしていると食事の量も減るし、甘い物も制限されて辛いですよね……


もちろん、食事の量は減らさないといけませんし、


甘い物も極力食べないようにする必要があります。


だけど、


何かお菓子で食べて良いものはないのか!


そんなときはチョコレートをダイエット中に食べてみることも1つの手です!


実はダイエット中でも、チョコの種類を選べば大丈夫!


甘いものを食べても、太りにくい身体を作ることができます!


その理由とは……?



①チョコは低GI食品


カカオ含有量が70%以上の高カカオチョコレートは


ダイエットに良い効果を与えてくれる可能性があります!


高カカオチョコレートはGI値が低いため、血糖値の急上昇を抑えることができます。


血糖値が急激に上がってしまうと


脂肪細胞を作るホルモンが多く分泌されるために体脂肪が付きやすくなってしまいます。


そこで、GI値の低い高カカオチョコレートを食べることで


血糖値の急上昇を抑えることができ、


脂肪を溜め込みにくい身体を作ることができるようになります!



②チョコはストレス解消に最適


ダイエット中は甘い物を控えなければいけないので


ストレスが溜まる可能性も。

 

このような時に高カカオチョコレートを食べることで


甘い物を食べられたという満足感も得られ、


食事管理に楽しみや精神的な余裕が作られると思います!


ダイエットではストレスは大敵です。


高カカオチョコレートを食べてストレスを減らしていくことも大切です!



③アンチエイジングのエース!『カカオポリフェノール』


ダイエット中は食事量が減るため、


栄養を思うように摂れないことも出てくるかと思います。


そこでチョコレートに含まれているカカオを摂取することで


少ない食事でも身体に健康的な効果を得ることが期待ができます!


カカオにはポリフェノールという成分が豊富に含まれています。


ポリフェノールは血管を拡張させて血圧を低下させたり、


動脈硬化予防の効果が期待できるとされています。


また、抗酸化作用による美肌効果や脳の活性化などの効果も期待できます。


野菜からだけでなく、お菓子感覚で栄養も摂取できるので、


ストレスを減らしながら栄養も摂って一石二鳥ですよ!


ただし、沢山食べてしまったり、


ミルクチョコレートなどの甘いものチョコレートを食べるのは避けましょう!



『チョコレートの種類』


さてここで、チョコレートの種類をいくつか紹介したいと思います。


現在では様々な種類のチョコレートがあります。


代表的な種類のチョコレートを紹介していきます。



・ビターチョコレート


乳製品が入っておらず、カカオマスが40〜60%で含まれているチョコレートのことです。


ブラックチョコレートとも言われていますね。


一部商品では糖分や乳製品分が少なく苦味の多いチョコレートの


ことをいうことがあります。また最近では、


カカオ分70~90%という低糖のチョコレートのことをいう場合もあります。



・ミルクチョコレート


乳製品が入ったチョコレートのことです。


カカオマスの他に、全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳が使われます。



・ホワイトチョコレート


ココアバターにミルク、砂糖などを加えて作るチョコレートのことです。


カカオ豆の主成分であるココアバターを原料としているので


チョコレート色をしていなくても立派なチョコレートです。



『チョコレートの歴史』


ここまで読んでいただいたあなたに、


最後にチョコレートの歴史についてお話していきます。


歴史もおさえれば、あなたも立派なチョコ博士!



まずチョコレートは、中南米からヨーロッパへ運ばれ、


私たちのよく知る「チョコレート」になりました。


紀元前1000年頃にはメキシコの原住民はカカオ豆をすりつぶして食べていた


とされています。マヤ文明やアステカ文明の時代、カカオ豆はお金のように扱われ、


カカオ豆を豊富に持つ金持ちは、それを使って「知恵とパワー」を与えるとされる


チョコレートドリンクを作りました。



その後、高価に扱われていたチョコレートの価格は下がり、


イギリスに渡り、多くの場所で親しまれるようになりました。


ヨーロッパの至る所でまだチョコレートを飲んでいた頃、


好奇心旺盛な英国のパン屋たちがケーキのレシピにココアを加えたことから、


はじめてチョコレートが固形のものになりました。



それから数十年以内に、固形のチョコレートはバータイプも含めて


ヨーロッパの至る所で様々なかたちで広まり、


スタイリッシュな飲み物から甘いお菓子へと変貌をとげたのです。



『まとめ』


カカオ含有量の多い高カカオチョコレートを食べると


身体に健康的な影響を与えてくれますし、


ストレスが多い食事制限の生活に少しの余裕を与えてくれるでしょう。


私も食事制限がきつくなってきてストレスが溜まってくる頃に、


こういった甘すぎない健康的なお菓子などを少し食べて気持ちをリセットしています。


上記で書いた通り、食べ過ぎや甘いミルクチョコレート、


ホワイトチョコレートなどはダイエットにおいて


避けていく必要があるので注意しましょう!


甘い物やお菓子が好きな方は少しひと工夫をして、


楽しみながらストレスを減らしてダイエットを行ってみてはいかがでしょうか?

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now