• 水谷 純一

【⠀小麦たんぱく"グルテン"の正体とは⠀】

グルテンというワードはよく耳にしますね。

でもグルテンは実際、身体にどういう影響があるのか

わからない方がほとんどです。

グルテンが何に含まれていて、どう身体に悪いのか説明します。



⚫️はじめに


近頃本当によく聞くようになったグルテン

アレルギーの人以外も出来たら避けたいグルテン

ここを早く理解して改善しなければ

100年時代の今にあなたはついていけなくなるでしょう😳😳


これを知るだけで、

あなたは人生の謎の体調不良に悩まされることなく、

いつまでも健康に過ごすことができるので

知れば見方が変わるでしょう☺️✨

なので、出来るだけグルテンをを控えてください!❤️❤️




⚫️グルテン


パンやパスタがモチモチしているのは

紛れもなくこの小麦のおかげです😘

うどんもピザも餃子の皮もクッキーにも...

いろーんな食品に気軽に使われている小麦😋❤️


グルテンとは

小麦に含まれるグルテニンとグリアジンの2種類の

タンパク質が結びついてできていて

モチモチ感やコシのある食感を

生み出しているものを指します!

グルテンの怖いところは"依存性"や"中毒性"

"リーキーガット症候群"をもたらすとされています😥😥

パンだいすきパスタだいすきって

思ってるのはもしかしたら

ただの思い込みかもしれないですね。❤️🤔🤔




依存性があるから食べたくなるだけなのかも。


私も昔は動画の通りラーメンが好きで食べまくっていましたが、

現在ではほぼグルテンフリーにしてます😋😋❤️


外食でたまに食べることはありますが😅

その後の依存性って結構あるのを確かに感じます!!

「あぁ、パン食べたいなぁ」っと、、


パンやパスタどが辞められない人は

これも原因かも知れないですね😭😱😱




⚫️リーキーガット


そしてもう一つ、

世にも恐ろしい"リーキーガット症候群 “

リーキーガット症候群:腸壁が傷付き穴が開くこと

グルテンは非常に消化がしにくく

腸の壁にへばりついたり、悪玉菌のエサとなり腸内

腐敗を起こしてしまうのです😖

その結果がリーキーガット症候群。。



リーキーガット症候群になってしまうと

本来腸壁がガードする毒素が身体に入り血液に溶け出し

身体全身に毒素が回ってしまうんです😥😞


身体の症状

・肌荒れ

・アレルギー

・花粉症

・便秘

・肥満

・生活習慣病

・精神病

・自己免疫疾患(自分の免疫が自分自身を攻撃しまう、、など

どこにどんな作用があるかは

正確にはわかってませんが

グルテンをやめることによって

改善されたケースはとっても多いです😌❤️


リーキーガット症候群は

グルテンのほかに

偏った食生活・ストレス・抗生物質・鎮痛剤の多用

胃酸や消化酵素の不足による

消化不良

糖質などの過剰摂取・食品添加物

・カフェインやアルコールの過剰摂取

精製炭水化物の過剰摂取(白小麦など)が

原因だと言われてます。‼️


実際に私は休日の過ごし方はラーメンを食べて、

ケーキを食べて、クッキーを食べてお酒を飲んで

といった食生活を、過ごししていました。😖😖


その結果、蓄積された悪玉物質が、

私の体の中を悪くさせています😥


おそらくニキビが25歳から急激に増えだしたのは

今までの蓄積された分が原因のひとつだと思います😅



そろそろ食生活整えてみませんか?

自分の身体は自分が食べたもので作られてるんです✨


いいですか?

病気も食べたものから出来ていて、

ほとんどが、食生活も少しの意識ですぐに変えられます‼️‼️‼️


海藻食べてキノコ食べて

お野菜・少しの果物食べて玄米食べて...ね!!簡単❤️❤️

これはお子様にも言えますよ!!

朝パンだけ食べさせていってらっしゃーい!!

は出来ればやめましょう!!😅😅


大人の食事は自己責任

子どもの食事は親の責任


自分の子どもに病気になって欲しくなければ

しっかり管理してあげてくださいね!!☺️❤️❤️


皆様の健康をお祈りしています!

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット