• 水谷 純一

その腰の不調、脊柱管狭窄症かも!?どんな症状なの?

脊柱管狭窄症とは、

骨盤の歪みによって腰椎部分へと負担がかかり、

結果として背骨がずれて

脊柱管の中を走っている神経を

圧迫してしまうことで痛みが発生します。


神経が圧迫されているのはただの結果でしかなく、

原因となっている骨盤の歪みなどにアプローチして

治療を進めていく必要があります。




はじめに

今回は医療的な内容ですが、

高齢者に多い『脊柱管狭窄症』について

紹介していきたいと思います!


若い方でも、

早いうちに体型や姿勢に意識を持っていれば、

将来脊柱管狭窄症に悩む必要がなくなる可能性が

グッと上がりますので、

今回の記事を参考にして予防を始めてください!



脊柱管狭窄症とは?


脊柱管狭窄症とは、

骨盤の歪みによって腰椎部分へと負担がかかり、

結果として背骨がずれて脊柱管の中を走っている神経を

圧迫してしまうことで痛みが発生します。


痛みの症状としては、

腰部から足先にかけてまでの

痺れや痛みがあります。


また、体を後ろに倒す「後屈動作」で

痛みを訴えるケースが多いです。


高齢者での発症が多く、

原因として挙げられることは

左右非対称な体重のかかり方

骨盤の歪み・猫背や反り腰などの

姿勢の悪さが挙げられます。


症状としては腰から足先にかけての

痺れや冷えなどが生じ、

歩行を行うと症状が悪化して少し休み、

痛みが和らいでまた歩くという

『間欠性跛行』が見られるケースがほとんどです。



脊柱管狭窄症にならないための予防方法は?


整形外科に行くとレントゲンやCTを撮って、

画像診断の結果『脊柱管狭窄症』

と言われる場合がほとんどですが、

必ずしも画像診断の結果が正しいというわけではありません。


画像診断だけでなく、

前屈や後屈、側屈や歩行動作から症状を判断する

『動作分析』を行なって

具体的な症状を判断していく必要があります。


また、外科的手術をしたら

必ず改善するという訳でもありません。


骨盤の歪みや荷重の掛け方の左右差のように、

骨盤や腰部分に負担をかけている

『根本的な原因』を見つけて

改善をしていかなければ

本当に治療ができたということにはなりません。


整骨院に通っているときに、

ただただ電気をあてるだけ、

指圧をされて筋肉をほぐすだけのような施術だけでは

中々改善されることはありません。


先に挙げた骨盤の歪みや荷重の掛かり方に対して

アプローチをしていかなければ

根本的な改善には至らないことがあるでしょう。


つまり、シンプルに言うと

普段の姿勢から改善していく必要がありますし、

猫背や反り腰のような

普段からの姿勢を正しくする意識をしていれば、

将来的に脊柱管狭窄症で悩むリスクはグッと下がることが言えます。


あとは、いつまでもしっかりと歩けるようにするため、

綺麗な姿勢を保つため、

血行不良が起きて筋肉が固まってしまわないようにするために

運動や筋トレを行なって身体を日頃からメンテナンスしていくことも

非常に重要なことです。



筋トレはボディメイクするために行うのではなく、

姿勢を綺麗に保つためや、

腰痛や痺れに困らないようにするために

実践していく必要もあるのです!



まとめ


脊柱管狭窄症についての基礎知識と、

将来、狭窄症で悩まないための

予防方法を簡単にお伝えしました。


腰が痛いから腰ばかりに着目するのではなく、

骨盤の歪みや猫背、反り腰のような

身体全体の姿勢から見ていく必要があります。


普段から綺麗な姿勢を保つためや

腰痛で悩まないためにも、

筋トレはとても良い行動なので、

ダイエットのために筋トレするのではなく、

不定主訴改善のためにも普段から意識して実践していきましょう!!

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット