• 水谷 純一

だからあなたは痩せない!ダイエットで痩せるための5つの基本

痩せない人は、ダイエットの基本中の基本を踏まえていなかったり、

疎かにしている傾向があります。

そのような方々にダイエット前に心得てほしい5つの基本を紹介していきます。

本日は、

『これができていないからあなたは痩せない!ダイエットで痩せるための5つの基本

についてお話ししていこうと思います。

みなさん、ダイエットをしていると大半がぶつかる壁がありますよね。

「食事制限も運動もしてるのになぜか痩せない!」

「最初は順調に痩せてたのに急に痩せなくなった!」

などなど。これはほとんどのダイエット経験者のあるあるです。

こういう時みなさんはどうしていますか?

上手くいかないからとダイエットをやめますか?


それではもったいないです。正しい知識と基本を知れば誰もが諦めずに痩せれるからです。

今日は、その正しい知識・基本を共有していきたいと思います。

✨目標をたてる時は長期的に見よう✨

短期間で大幅減量はいけません!

特にダイエット初心者さんは「1ヶ月で10kg減量!」という大きな目標を立てる方も。

とにかく今より○kg痩せたいからその数字を目標減量にするというのは良くないです。


1ヶ月で思ったように減らないと身体に負担になるような食事内容にしたり、

体重が減らないことがストレスになりやめてしまうことや、

一番いけないこととして短期間での減量はリバウンドへとつながることです。


リバウンドも繰り返せば繰り返すだけ、減量しにくくなる身体へと変わってしまうので、

このようなことを避けるためにも、短期間の無理な減量目標は立てないことが重要です。


1ヶ月で目標を立てるなら、自分のダイエット開始時の体重の5%にするのが

ベストとされています。


その1ヶ月5%が成功すれば翌月も同じ5%減量を続けていきます

これもいかに継続できるかが大切です。

こうして理想の体重量に近づけていくことが正しい減量法の1つです。

✨適切な運動は継続力!義務づけないで!✨

運動なくしてダイエットの実現は難しいです。

そんな運動ですが、ダイエット経験者の方たちのほとんどが

毎日朝ランニング○kgと習慣づけていますね。


これを苦に思わない方は大丈夫なのですが、

多くはダイエットのために運動をする、または今までは運動はしないほうだった

という方からすれば、かなり高いハードルです。


結果、毎日目標に義務づけた運動が1日できなかっただけで

苦になり結局だんだんしなくなってしまいます。

そうならないよう、自分ができる範囲での運動にします。

・外に出たときは必ず階段を使う

・少し遠回りして帰る

・CMの間だけ腹筋や腕立て伏せなどをする

など様々あります。

また、家事だけでもランニングに匹敵するカロリーを消費できたりするので、

必ずしもランニングやスポーツジムで毎日身体を動かしに行くと

強制する必要はありません。

重要なのはいかに“継続”するかです。

✨ビタミン・ミネラル・たんぱく質は多めに摂取しよう✨

たんぱく質が少ないと太りやすい身体になってしまいます。

たんぱく質をとると、筋肉がつくられて代謝が上がり、

脂肪燃焼効果を高めてくれるので太りにくい身体へと変わっていきます。

鳥むね肉は高たんぱく質なので積極的に食事にとりいれてみましょう。


牛のモモ・ヒレ・赤身にも脂肪燃焼効果がもたらされる成分が

含まれているので、こちらも同じく摂取するようにしてみることをオススメします。

ビタミンB群は、エネルギーとして代謝される必要な栄養素で

身体に余計な脂肪をためないためにはかかせないものとなっています。

他にも皮膚・粘膜・肌の調子を整える効果も持ち合わせています。


ビタミンBは、ニンニク・豚肉・レバー・豆に含まれています。

忙しい人、運動量が多い人に不足されがちですので

気にかけてビタミンBを摂取していきましょう。

✨20時以降の食事はしない✨

食べてから寝るまで3時間は時間を空けましょう。

食べてからすぐに寝てしまうと食べたものがエネルギーに変わらず

そのまま脂肪となり太りやすい原因になります。


西野カナや倖田來未などの芸能人もこれを実践しています。


どうしてもお腹がすいてしまった時は咀嚼数の多い固いものを食べましょう。

また20時以降食事を摂らないだけで寝起きや便通が良くなります。

✨便秘しない身体にする✨

実は、腸は代謝と関係があります。先ほども述べましたが、

代謝が落ちればそれだけ脂肪が燃えにくくなり痩せづらくなります。

また、腸は身体の健康状態に大きく関わっている大切な存在ですので、

悪玉菌が増えて便秘がちになると体調を崩し、疾患にも影響がでることも。

ダイエット中に便秘になってしまう人の傾向として、

・減量中は炭水化物を摂らない“糖質オフダイエット”する人

・食事制限の一角として朝食をとらない

・お水をあまり飲まない

・睡眠不足

などが原因になります。

炭水化物を摂取しないことで短期間で体重に変化があることから

実践する方も多く見受けられますが、

身体に悪影響になりやすいため、あまりオススメできないダイエット法です。

糖質オフダイエットをしている方にはぜひ“腸活ダイエット”に転向してもらいたいです。

他に、朝食を摂らない方は危険です。

朝食をとらないことで内臓に脂肪をたくわえやすくなります。

このことから、肥満のリスクが上昇傾向になることだけでなく、

糖尿病や高血圧などさまざまな病気になりやすいという研究結果も報告されています。

ですから、朝食をとることは健康を守り、

余分な脂肪をつけない身体にしてくれるので必ず朝食をとることを義務づけましょう。

いかがでしたか?

知ってたけど実践していなかったり、

そもそもそんなことも知らなかったという人もいたかもしれません。

何事も成功させるには、基本である土台ができていなければ順調に事は進まないです。

ですから、正しい情報でベースを完成させたうえで取り組めば

きっと目標達成も可能であると思います。楽しく健康的にダイエット頑張って下さい✊️✨

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now