• 水谷 純一

よく聞くけど何?基礎代謝について

最終更新: 2019年12月4日





基礎代謝ってよく耳にする言葉だと思いますが、


皆さんどのようなイメージをお持ちですか?


基礎代謝とは一言で表すと食べ物からエネルギーを作る一連の流れです。


人間が生きていくにはエネルギーが必要になります。


とくに活発的な運動を行っている時に限らず、


椅子に座っているときや、寝ているときでも身体はエネルギーを必要とします。


なぜなら、身体は常に心臓を動かさないと、血液を身体に送ることはできず、


呼吸をすることや、体温を正常に保つことなど、


生きていくには様々な活動でエネルギーが必要なのです。


私たちはこのエネルギーを食べ物を通じることで体内で作り出しています。


そしてこうしたエネルギーをつくるまでの一連の流れを『代謝』と呼んでいます。


その中でも、呼吸をするときに使うエネルギーや、


心臓の働きによっての血液の循環、体温の維持など、


生命の維持に使うエネルギーを〝基礎代謝〟と呼ばれます。


つまり、なにもしなくても消費されるカロリーのことを指します。


筋肉の量が多いと痩せやすくなる、といわれるのは、


身体の中で使われるエネルギーの量が筋肉量に比例しているからです。


ですから、基礎代謝をあげるというのは、筋肉量を増やす!ということになるわけですね。


代謝が良い、悪い、という言葉を私たちはよく使いますが、


この代謝という言葉はエネルギーや栄養素の利用効率ともいえます。


基礎代謝の高い身体とは、摂った栄養素をしっかり利用できる身体のことです。


逆に基礎代謝の低い体とは、摂った栄養素を利用しづらい、


つまり、エネルギーを消費しづらい体ともいえます。


基礎代謝の低下により 消費カロリー<摂取カロリー の状態に陥りやすく、


この状態は当然太ってしまいます。


基礎代謝が低いと1日の消費カロリーが減ってしまい、太る!というわけです。


人間の生命維持の仕組みが働いて、その過程で脂肪を増やしていることがわかります。

基礎代謝が低下するということは、


生きるのに使うエネルギー量が減るということでもありますが、


血管や内臓や筋肉の機能が衰えているということでもあるのです。


基礎代謝は年齢とともに減少します。


ピークは10代前半であり、成長期まっただ中である小学校高学年ぐらいが


最も基礎代謝量が高いのです。


また、年齢だけでなく性別によっても基礎代謝量は変わってきます。


男性と比べて筋肉量が少ない女性は、男性よりも基礎代謝量が低いのです。


また、筋肉量が減少すると基礎代謝も落ちます。


骨格筋で消費される基礎代謝の量は、全体の2割に当たります。


次に多いのが、肝臓、脳での消費です。


また、その他の臓器の重量は骨格筋ほど増減することがなく、


相対的に骨格筋が基礎代謝に影響しやすいと考えられています。


不規則な食事でも基礎代謝が落ちます。


食事をすると身体が温かくなる経験をしたことがあると思います。


これは食事誘導性熱産生というもので、内臓が消化のためにエネルギーを燃やして、


体温を上げるのです。


食事を減らしたり無理なダイエットや、深夜の食事など不規則な食事は、


体を冷やしたままにしてしまうことになるため、


基礎代謝を下げてしまう事になるのです。


いかがでしたか?


基礎代謝のことをなんとなくイメージしていただけたでしょうか?


毎日少しでも運動をして、筋肉を増やし、健康な身体づくりを目指していきましょう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now