• 水谷 純一

コロナに負けない身体作り!免疫を上げて撃退しよう!

この季節は毎年インフルエンザが流行で話題は持ちきりですが、 今年はコロナウイルスによる新型肺炎が世界的に流行して 日本だけでなく世界中で話題の中心になっています。 コロナウイルスは手洗いうがいだけでなく、 水分補給なども予防効果があります。

ダイエットをしている方にとってはジムでの感染拡大があると ニュースで聞いて、行くのを自粛している方も多いのではないでしょうか? その中でダイエットやトレーニングを止めてしまっては 先行きも見えない中で大きなストレスかもしれません。 そんな中で、免疫高ちょっとした工夫と、

自宅で簡単にできるトレーニングを紹介します。 みなさん、こんにちは! M’s Training Gym トレーナーの森田です。 今回は免疫力を高める方法と、自宅でできる簡単な腹筋種目を紹介したいと思います! 今、世界では中国から世界中へ大流行しているコロナウイルスによる 影響でアルコールやマスクが入手しにくい状況が続いてますが、 数週間前、WHOが公式の場で 『マスクでコロナウイルスを予防することはできない』 という声明を発表しました。 実際はどうなのかというところに注目が集まっています。 毎日のようにたくさんの人が早朝からマスクやアルコールを求めて 薬局の前に行列を作っていますが、 たとえそうしたものが手に入らなくても、

家の中で免疫力を高めて健康な身体作りをすることが可能です! まずは水分補給 免疫力を高めるうえで重要になってくるのが 水分をこまめに摂取して喉を乾燥させないということが まず1番大切になってきます! 今回のコロナウイルスもそうですが、 喉の粘膜が乾燥していると喉にウイルスが付着して 身体全身に拡散していきます。 それを防ぐためにも水分補給はこまめにする必要があります。 空調の聞いてる環境や、外出する際は必ず水筒やペットボトルに 水などを入れて持ち歩くように心がけましょう。 これだけでも一つの予防になります。

睡眠も大きく免疫力の向上に関係しています。

睡眠時間が6時間未満の人と6時間以上の人とを比べた研究では、

6時間以上の睡眠を日常的にとれている人の方が、風邪などをひく割合(罹患率)が

低下したというデータが示されています。


また、保湿とともに大切なのが体温を保つ「保温」です。

体温が1℃下がることで、免疫力が30%低下した。という研究結果もあります。

これからだんだんと暑くなる時期ですが、身体を不必要に冷やしてしまわないように

注意しましょう! また、外出自粛で自宅にいる時間も多くなるかと思います。

そんな中で、自宅で時間があるからこそできる運動もあります。

腹筋やスクワットなどは種類も豊富にありますし ちょっとした工夫をするだけで とっても有意義なトレーニングを行うことができます!! ネットやYouTubeで検索すると色々な人が トレーニングについて紹介してるので、 有効に活用して自宅でトレーニングを頑張ってみませんか? 簡単に腹筋トレーニングを紹介します! 自宅で出来る腹筋トレーニングの代表例1つ目ですが、 1、プランク ・両手、両足を肩幅に開く。 ・肘とつま先の4点に重点を置き、肘より先で補助的に身体を支える。 ・背中のラインが真っ直ぐになるように肩甲骨を寄せて  お尻に力を入れ体勢をキープします。


腹筋トレーニング2つ目 2、クランチ ・床に仰向けになり膝を90度に曲げて脚を上げます。 ・そのまま息を吐きながらお臍も見るように、  腰が上がらない程度まで上体を起こしていきます。 ・上体を起こしたら、肩甲骨が付かない程度のところまで  ゆっくり息を吸いながら身体を倒していきます。


腹筋トレーニング3つ目 3、バイシクルクランチ ・脚を90度に曲げて持ち上げて腹筋を使い頭と肩を浮かせます。  手は耳の後ろに添えましょう。 ・左膝を胸の方向に引きつけながら右脚真っ直ぐ伸ばして  同時にお腹を左向きに捻り、右肘と左膝を近付けましょう。 ・今度は右膝を曲げて左脚をしっかり伸ばします。  お腹を右方向に捻って左肘と右膝を近付けましょう。



まとめ

いかがでしたか? ちょっとした運動を実践するだけで免疫力を高め、

感染症に打ち勝つ身体を作ることが出来ます。

どうしても家にこもりがちな状況ですが、

少しの運動と生活習慣で、自分や自分の大切な人を守ることができます。

ぜひ、今の生活に取り入れてみてください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now