• 水谷 純一

サプリメントのメリット、デメリット

最終更新: 9月18日

手軽に摂取できるサプリメント。

サプリメント次第で身体の調子が良くも悪くもなります。

サプリメントの導入を考えるなら、

どういう所に気を遣うべきか考えてみましょう。



はじめに


皆さんは普段、サプリメントを服用していますか?


健康を維持するために

服用するのかと

疑問に思うことも多いかと思います。


しかし、サプリメントって本当に効果があるのか

疑問に思うことも多いのではないのでしょうか?


そこで、今回はサプリメントに関してお伝えしたいと思います。




・サプリメントの種類

サプリメントは各社メーカーから

いろいろな種類が多く販売されています。

サプリメントは役割や目的によって

大きく3種類に分けられます。


→ベースサプリメント

ベースサプリメントは体に必要なビタミンやミネラル、

アミノ酸、食物繊維、DHA,EPAなどを補います。


ビタミンはB1やB2、

ミネラルは亜鉛など単体で販売されるものや、

ビタミンを全て含んでいるマルチビタミンという形で

販売されることもあります。



→ヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントは、

健康維持や美容などのために利用する

イソフラボン、ロイヤルゼリー、

プロポリス、セサミン、カテキンなどがあります。



→オプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントは、

ウコン、マカ、ブルーベリー、グルコサミンなど

体調の回復のために利用されます。




・サプリメントの利用目的

サプリメントの利用目的は

健康の維持、増進や病気の予防、

食事で不足している栄養素の補給や強化、

疲労回復、美容やダイエットなどの

性別や年齢により目的は様々です。


さらに約5%は医薬品ではないですが、

病気の治療目的に使用しています。




・サプリメントの正しい利用法

サプリメントの情報は

TVや雑誌、インターネットなどで情報が氾濫しています。

まずは 、購入する前に、

自分に本当にサプリメントが必要かどうかを考えてみましょう。


サプリメントの利用の前にまずは毎日の食事から

野菜、果物、乳製品、魚などを食品から取り入れるようにします。

そのためには栄養バランスの良い食事を心がけ、

食事内容や食事自体を見直します。


サプリメントを購入する際には

成分名、含有量、問合せ先を確認します。

特に健康面の安全性や有効性を

判断するためには含有量が必要です。


サプリメントは食品に分類されていますが、

ビタミンやミネラルなど

1度に多種類のサプリメント摂取すると

健康被害の可能性が高くなり、

被害の原因究明も難しくなります。


何種類も摂取している場合は、

同じ成分が重複していることもあり、

過剰摂取による体調不良も引き起こします。


サプリメントは食品ではありますが、

薬のような副作用がないわけではありません。

サプリメントを利用するときは、

どこのメーカーをいつ、どのくらい服用したかなどを

メモとして記録しておき、体調が悪くなったときには、

すぐに使用を中止し医療機関や保健所へ報告します。


また三七人参、ローヤルゼリー、ウコン、スピルリナなどの

天然のものでもアレルギーを引き起こすこともあります。

表示に天然・自然の素材と記載されていても


安心、安全とは限りません。


サプリメントを摂取しても良い実感がないときは、

思い切ってサプリメントを止めてみることも大切です。


サプリメントの上手な活用方法は、

サプリメントを利用しながら


"生活習慣や食生活も一緒に見直していくこと”です。




まとめ

→サプリメントのメリット、デメリット


→メリット

・食事で不足しがちな栄養素を補える

・手軽に栄養素を摂ることができる

・継続的に摂取することが可能

・プラシーボ効果が得られる


→デメリット

・過剰摂取による健康被害、体調不良

・薬との併用に注意

・妊娠時の服用は要注意

・依存症に注意

・体質との適性


健康被害もそうなのですが注意すべき点など意外とデメリットが多いんです。

購入の時の利用後のポジティブな姿をイメージするのですが、

注意点は理解しておく必要があります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now