• 水谷 純一

ダイエットで「カロリーを制限する」「糖質を制限する」「脂質を制限する」どれが良いの?

最終更新: 11月17日


カロリー制限・糖質制限・脂質制限、それぞれメリットとデメリットが存在していますが、まず認識するべきことはカロリーバランスをマイナスにしていくことですので、ダイエットを始めて間もない方には『カロリー制限』をオススメします。


 


皆さんはダイエットを始めようと思ったときに

カロリーを制限する方法、糖質を制限する方法のどれを実践するかで

悩むことが多いのではないでしょうか?


どの食事方法を選択するかによって、

ダイエットでの食事管理が上手くいくかどうか左右される場合もあります。


そこで今回は、カロリー制限、糖質制限、脂質制限の

それぞれのメリット・デメリットを紹介して、

オススメの食事管理方法はどれが良いのかも紹介していきます!




・カロリーを制限する方法


カロリーを制限するとは、

簡単に言うと食事の量を減らすということです。

糖質や脂質のどちらを制限するかに関係なく、

1日全体のカロリー摂取量を減らしてダイエットする方法です。


この方法はダイエットにおいて一番基本となる食事管理方法になります。

体重を減らす原則は『消費カロリー〉摂取カロリー』の状態にすることです。

よって、糖質を減らそうが脂質を減らそうが、

食事の量を減らして1日のカロリーバランスを

マイナスの状態にしてあげないと体重は減ってくれません。


【メリット】

カロリーを制限する方法のメリットは、

とにかく食事の量を減らすことが先決なので、

どれを食べてもいいのかダメなのかを深く考えずに済むということです。


体重を減らすためには

『消費カロリー〉摂取カロリー』の状態にする必要があるので、


「ダイエットを始めたけど何をしたらいいのか分からない!」という人は

とりあえずカロリーを抑えることに徹していれば体重は減ってくれます。


【デメリット】

カロリーをマイナスの状態にするためには、

自分の1日での消費カロリーを把握しておく必要があり、

そこからカロリーを減らしていくことになるので、

数字が絡んでくることに関しては億劫になる方もいると思います。


特に女性は数値をあまり好まない傾向にあるので、

「1日に〇〇kcalを減らして食べて……」

のように考える必要がある点はデメリットの一つでしょう。



・糖質を制限する方法


糖質を制限するダイエット方法は、

いわゆる『糖質制限ダイエット』のことを意味します。


炭水化物は『糖質』と『食物繊維』をひとくくりにした名称であり、

炭水化物の中でも糖質を制限する方法です。

ご飯やパン、麺類やお菓子などに糖質が多く含まれているので、

これらの食品を極力食べないように制限していきます。


【メリット】

糖質を制限するメリットは、

早いスピードで体重を落とすことができるという点です。

日本食はお米や麺類などが主食となるので、

1日に食べる糖質の量も他の国と比べて多い傾向にあります。


この主食を制限するとなると、

必然的にカロリーもかなり減らすことになるため、

体重を減らすスピードも早くなります。


結婚式や撮影、ボクシングの計測日前などのように

デッドラインが設けられている状況では早く体重を落とすことができるので、

メリットの一つとなります。


【デメリット】

糖質を制限するデメリットは、

リバウンドする確率が高いことです。


日本食の主食は炭水化物がメインとなるので、

このメインの食品を制限するとなると

多くの人は食の楽しみを失うことになりますし、

それに伴ってストレスも溜まるでしょう。


食べられないというストレスが溜まった結果、

我慢が限界を超えて過食に走り、リバウンドすることになります…


糖質制限をしたからリバウンドするのではなく、

糖質制限をしてストレスが溜まりやすいダイエット方法を行ったから

リバウンドするという解釈が正しいと思っています。


リバウンドを何回も繰り返すと、

どんどん痩せにくい身体になってしまうので気を付けましょう!


また、炭水化物は日常生活での動作やトレーニング、

脳の栄養分として利用されます。

糖質が不足してくると頭がボーッとしたり、

体力が出ないなどの症状が現れるやすいこともデメリットですね。




・脂質を制限する方法


脂質を制限する方法では、

お肉の脂身や調理油などの脂質を制限していくダイエット方法です。


最低限の脂質を摂っていく中でも、

オリーブオイルやアボカドオイル、亜麻仁オイルや魚の脂のような

『良質な脂質』から食事をしていくので、

お肉の脂や揚げ物などは極力避けなければいけません。


今では糖質制限に代わって脂質制限のダイエット方法が主流となっています。


【メリット】


脂質を制限する方法のメリットとしては、

やはりご飯や麺類、パンなどの炭水化物食を食べられるということです。


日本食の主食はご飯やパンなどの炭水化物が多い中で、

炭水化物を制限するのはとてとストレスだという方には

オススメのダイエット方法ではないでしょうか?


また、トレーニングや仕事ではエネルギー源として

炭水化物が優先的に使われるため、

日頃の家事や仕事、トレーニングもはかどりやすいという点もメリットの一つです。



【デメリット】


脂質を制限する方法のデメリットは

短期間で早く痩せることができない点が挙げられます。


日本食のメインは炭水化物食なので、

そのメインを制限するとなると必然的に食べる量が減りますし、

体の水分も抜けていくので体重は早く落としていくことができますが、

炭水化物は食べて脂質を制限していくと

体重の減り方は糖質を制限する場合と比べて遅くになるでしょう。



また、洋食や中華料理には油がよく使われているので、

洋食や中華が好きな方は

食べる食品に制限が多くかかってくることも

デメリットの一つであると思います。



オススメのダイエット方法は?


これら3つの中でオススメのダイエット方法を挙げるとすれば、

まずはカロリーを制限する方法をオススメします。


体重を減らしたいのであれば、


まずは『摂取カロリー〉消費カロリー』


の状態にする必要があります。


これは糖質を制限しようが脂質を制限しようが守らなければいけない法則です。


よって、ダイエットを始めたばかりで

何からしていいか分からないという方には

『カロリーを制限する方法』をオススメします。


とりあえず、食べる量を今までより減らしてあげましょう!という方法ですね!



次にオススメするダイエット方法は、

『脂質を制限する方法』です!


糖質制限では体重を早く減らすことができますが、

大体の体重減少は【水分】による影響が大きいです。


また、データ的にも糖質制限は

長く続けられることができないという報告がされていますので、

長期的なことも考えると『脂質を制限する方法』が比較的続けやすいですし、

将来的にもリバウンドするリスクを抑えることができます!


よって、ダイエットを始めて間もないころは

『カロリーを制限する方法』を意識して確実に体重を減らしていきます!


その後、ダイエットに対して慣れてきたり

少し余裕が出てきた頃に脂質を制限してあげると、

より良いダイエットの結果を残すことができるのではないかと思います!




まとめ


今回はカロリー制限、糖質制限、脂質制限のダイエット方法

それぞれのメリット・デメリットを紹介し、

中でもダイエット初心者の方におすすめの方法として

『カロリー制限』を挙げさしてもらいました!


ただ、世の中には魔法のようなダイエット方法はなく、

ライフスタイルも人それぞれ違いますので、

時間の都合や生活習慣にあったダイエット方法を

探していきながら実践することがとても大事なことです!


皆さんの将来が少しでも良くなるよう、ダイエット頑張っていきましょう!!

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now