• 水谷 純一

ダイエットでリバウンドしないために。どのくらい期間続ければいいの?



いざダイエットを始めようと思ったときによぎる不安が、『リバウンド』であると思いま す。リバウンドはダイエット成功後、過食などによってダイエット前の体重に戻ってしまう ことを意味しています。大半の原因は2ヶ月で−10kgのように、減量のスピードを早めてし まったことです。リバウンドのリスクを下げるためにはゆっくりと時間をかけて体脂肪を落としていくことが重要になります。

皆さんこんにちは! M'sトレーニングジムの『ガッキー』こと木川です!

皆さんはダイエットを成功させた後にリバウンドしてしまった経験はありますか? 見事、理想の体重や体型になれたとしてもリバウンドして元に戻ってしまったら、

今までの努力が水の泡になってしまいます。

気持ちもすごく落ち込んでしまいますので、極力リバウンドは避けたいところですよね......


ダイエットに費やした努力を無駄にしないよう、

今回はリバウンドとダイエット期間との関係についてご紹介していきます!

【リバウンドとは?】

そもそも、リバウンドとは何でしょう? ほとんどの方はご存知かと思いますが、改めて説明します。

リバウンドとは、英語で「跳ね返り」の意味です。

ダイエットにおけるリバウンドとは体重を落とした後、元の体重あるいは元の体重以上に 太ってしまうことを意味しています。


ダイエットにおけるリバウンドとは体重を

落とした後、元の体重あるいは元の体重以上に 太ってしまうことを意味しています。

特に後者の「減量のスピードを早めてしまったこと」が

リバウンドに陥ってしまう最大の原因であると私自身は考えています。 食事の量を調整するときに考える大事なことは

『体脂肪が落ちていく範囲で、できるだ けカロリーの下げ幅を小さくすること』です。 これはどういうことでしょうか? AさんとBさんの2人がダイエットを始めようとしています。

Aさんはカロリーの下げ幅を−400kcalにしました。 一方、Bさんは早く痩せたいので、カロリーの下げ幅を−1000kcalと大きくしました。

2週間後、 Aさんは体重が1kg減り、進み具合に不安はありますが、空腹感は感じません。


一方Bさんは体重がいきなり4kgも減り、空腹感を感じています。

さらに結果が出ている状態にテンション上がり、もっと痩せてやる!と張り切っています!


1ヶ月後... Aさんは体重が3kg減り、少しずつ着実に体重を減らすことができています。 食事もある程度食べることができ、大きな空腹感を抱えることもなく、

食事とトレーニング を楽しみながらダイエットが進んでいます。

Bさんは2週間目以降から急に体重が減らなくなり、ひどい空腹感とストレスで

心身共に苦しんでいます。 これ以上食べる量を減らすこともできないし、トレーニングにも力が入りません。

後は有酸素運動でカロリーを消費していくしか方法が無くなってきている状況です。

3ヶ月後... Aさんは3ヶ月のダイエット生活で体重を7kg落とすことができました! 多少の空腹感やストレスはあったものの、食事を選びながら楽しくダイエットを進めること ができてかなり満足しています! Bさんはというと、何週間にも渡る厳しいカロリー制限のダイエットを行いました。

その結果、ひどい空腹感とストレスによってドカ食いしていまいました。

体重を測ると体重が5kgも増えており、失望感によってダイエットを諦めてしまいました。


このストーリーはあくまで例です。 しかし、実際にカロリーの下げ幅を大きくしすぎてリバウンドに陥る危険性が高まります。

またダイエットを進めていると、脳が飢餓状態になってしまうと間違って判断し、

身体のエネルギー源である体脂肪を無駄に使わないようにします。

これがいわゆる『停滞期』なのです。

初期段階でカロリーを大きく下げた場合、この停滞期が早い段階で来てしまいます。

上記に書いたBさんが停滞期を乗り越えて体重を落としていこうと思った場合


に食事の量を減らす』 『有酸素運動を追加してカロリー消費を多くする』


この2つしか選択肢が無くなってきてしまいます。

こうなると、ストレスが過剰に溜まってダイエットに対するモチベーションが下がり、

嫌になってドカ食いをしてリバウンドしてしまうというパターンに陥ってしまいます。


【リバウンドを防ぐには?】

リバウンドを防ぐにはカロリーの下げ幅を小さくし、ゆっくりと減量することが重要です!

減量のスピードを落とすことで、ある程度の量の食事をすることができ、

ストレスも抑えながらダイエットを進めることができるので、

欲望に負けてドカ食いしてしまうリスクを下げることができます! またゆっくりと減量を行うことで身体のホルモンバランスの乱れを抑えることもできます! ホルモンバランスが乱れると代謝が落ちたり、 体調が崩れて身体にストレスをかけてしまい、ダイエットを失敗に導いてしまいます。

もちろん、ゆっくりと減量を行なったからと言ってダイエット終了後に

ドカ食いをしてしまえば、同じようにリバウンドしてしまいますので、注意が必要です。


【ダイエットのペースは?】 では、どのくらいのペースで減量を進めて行けばいいのでしょうか? 目安として、1ヶ月2〜4kgのペースであればリバウンドのリスクを抑えることができます!

そしてダイエットの期間ですが、2ヶ月のような短期間でダイエットを成功させようと

してしまうと減量ペースが早くなりがちで、リバウンドのリスクも上がってしまいます。

ですので、当ジムのように、半年間のような長期的なダイエットを視野に入れて

ゆっくりと進めていくことで、リバウンドなどのあらゆるリスクを下げることができます!


【まとめ】

今回はリバウンドをしないためのダイエットの進行ペース、期間を紹介しました! 痩せたい!からといって、早く進めてしまうとリバウンドのリスクを高めてしまいます。 気持ちを焦らず、長期的なダイエット期間を定めていきましょう!!

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now