• 水谷 純一

ファスティングで痩せる。その方法とは?





皆さんは“ファスティング”の意味を知っていますか?

初めて聞くという方もいますよね。

ファスティングは「断食」という意味です。


断食と聞くと、何も食べてはいけなく辛いといったイメージをしてしまわれがちですが、

これから紹介していくファスティングダイエットは固形物は摂取できませんが、

必要な栄養素が含まれた液体類や、お水は摂取してOKとなります。


液体類とは例えば、酵素ドリンクです。

酵素ドリンクは、野菜や果物の素材そのままの栄養素を吸収できます。

酵素は、摂取した食べ物を消化・吸収・代謝をする働き、

身体の中で起こる化学反応には欠かせない要素となっています。なので、酵素ドリンクを取り込むことで整腸効果や老廃物を身体の外に排出して体内を綺麗にしてくれます。


通常食事制限をかけると、どうしても栄養にかたよりができてしまうのに比べて、

酵素をとりこんだダイエットは栄養バランスもよく、身体の健康や肌・腸の調子を向上してくれる優れものです。

また、代謝を上げることで摂取カロリーを減少させてくれるため太りにくい身体にもしてくれます。

このように酵素ドリンクはビタミンなどの栄養は豊富ですが、たんぱく質に欠けるため、プロテインや甘酒などもオススメです。

プロテインも同様空腹を紛らわせてくれたり、

代謝に必要な筋肉の保持をも助けてくれる飲み物です。

それから断食をしている間はできるだけお水を1.5Lを目安にとるようにしましょう。


ここで皆さんにこういったような断食ダイエットを行う上で知っていただきたいこととして“好転反応”が起こりやすくなります。

”好転反応”とは身体を良くしようという過程で、一時的に起こる反応を言います。ファスティングのような代謝を高めて溜まっていた老廃物が流れる働きの中で、最初は不調を感じる場合があります。


ファスティング中の好転反応として

・頭痛

・倦怠感

・下痢

などがあります。

一見身体に合っていないのではと不安になりがちですが、これは老廃物や毒素が身体から出ていくために生じてしまう現象であるので、その後は徐々に改善されます。

そんなファスティングダイエットは、液体類以外摂取しないことから

短期間ダイエットになります。

長期決戦が苦手な方やダイエットが長続きしない人には

このファイスティングが向いています。

ダイエット実施期間としては、3日・5日・7日といくつかのバリエーションがありますが、

期間が長すぎるとリバウンド率が上がるので、まずは3日から始める事をお勧めします。


ここでこのダイエットに際して注意して頂きたいことも紹介しておきます。

このファスティングは、

・成長期の子供

・60歳以上の高齢者

・妊婦

・持病を持っている方


は行わないようにしてください。

普段のコンディションと異なる方が行うと身体に悪影響を及ぼす危険があります。


さらに注意してもらいたい点として、事前に“準備期間”を設けて下さい。ある日突然断食を始めてしまうと身体に負担をかけてしまいます。

ですので、2日~1週間は準備期間に当てましょう。準備期間中は消化に優しいお粥や野菜、豆腐類などを食べるようにしてください。逆に食品添加物などは食べないようにしましょう。


ファイスティングの例

準備期間 2日

(身体を慣らすための期間)

実施期間 3日

(実際にファスティングを実施する期間)

回復期間 2日

(身体を回復させ、リバウンドをしにくくする期間)

合計7日


準備期間があるということはファスティング後のアフターケアもきちんと心がけましょう。

断食後の臓器は休んでいる状態なので、急に食べ物が入ってくると、驚いて不調が生じる場合があります。

ですので、2~3日間は回復食として

・穀物

・豆類

・海藻類

・野菜

・きのこ類

・魚

などにしましょう。

お粥なども回復食でいいのでは?と思われる方がおられると思いますが、

あまりお勧めしていません。

というのも、断食後のお粥は糖質でリバウンド傾向になってしまうからです。

いかがでしたか?

一見食べ物を液体類にするのに抵抗を覚える方もいるとは思いますが、身体の中の毒素や老廃物を排除してクリーンな状態にすることで自律神経が良くなり、メンタルの向上などにつながります。

それに2、3日ほどなら無理なくできるのではないでしょうか?

短期で結果を出したい!長期のダイエットはつらい!という方にはぜひ試して頂きたいです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now