• 水谷 純一

乾燥肌に効果的な対策法とは? 内と外から肌をしっかり保湿ケア

この時期、この季節、この気温でやっかいな乾燥肌。

ただ塗るだけではダメ!

順序を守って対策できると、誰もが触れたくなるツルツルお肌間違いなし。


はじめに

乾燥肌を改善するには、

肌の表面はもちろん、

肌の内部にも十分な水分を与えることが大切です。✨


さらに肌そのものも、

バリア機能の整った健やかな状態でなければ、

せっかく与えた水分もキープできません。🙅‍♂️


今回解説した内容を参考に、

効果的に乾燥肌対策をしましょう。🧏‍♂



乾燥肌を改善したいと考えたとき、

化粧水や美容液によって

外側から潤いを与えるケアに集中的に

取り組む人が多いのではないでしょうか?🤔


しかし、実は内側から水分を与えることも重要で、

さらには与えられた水分を肌内部にキープできるよう、

肌そのものも整えておく必要もあります。😳


今回は、肌を内と外から潤し、

肌そのものを健やかに整える方法について解説します。✔️




・乾燥肌の症状と原因☝️

人間の体は体の約65%を水分が占めており、

このうち約15%は肌に蓄えられています。


肌は3層構造になっていますが、

それぞれの層に十分な水分が蓄えられていることで

良好な状態に保たれているのです。


この時、特に重要な役割を担っているのが

肌の1番外側(角質層)です。🗣


角質層がバリアとなることで、

肌内部からの水分蒸発を防ぐとともに、

細菌や花粉といった外部刺激から

肌を守役割を果たしています。


こうした働きは肌の(バリア昨日)と呼ばれ、

このバリア機能が整っていることで、

肌はみずみずしく潤い、

ハリや弾力のある状態が保たれるのです。



肌を健康な状態に保つには、

バリア機能がしっかり働き、

肌内部に十分な量の水分が蓄えられていることが大切です。👏


ところが、何らかの要因でバリア機能が低下すると、

肌内部に水分を保持することができなくなり、

肌が乾燥してしまいします。😧


こうした状態は「乾燥肌」と呼ばれますが、

肌が乾燥した状態では、

カサカサとした手触りになり、

肌が特に薄い目元や口元はシワっぽくなります。👵


さらに乾燥が進行すると、

白く粉を吹いた状態になり、

ヒリヒリとした感覚やかゆみ、

赤みなどを生じることもあるようです。




・間違ったスキンケア🙅

洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使っていると、

汚れと合わせて肌の潤い維持に必要な

皮脂まで落としてしまい乾燥肌につながることがあります。


また、少量のクレンジング剤で、

肌をこすりつけるように洗ったり、

洗顔後にタオルでゴシゴシ

拭き取ったりすることでも肌に摩擦が生じます。💁‍♂️


角質層が傷つけられるので、

バリア機能が低下し

乾燥肌になってしまうこともあるようです。💁‍♂️



・体内の水分量の低下

もともと肌は1ヶ月前後の周期で

古い細胞から新しい細胞へとへと生まれ変わる

「ターンオーバー」という代謝の仕組みを持ちます。


ターンオーバーが正しく行われることで

バリア機能も維持されます。👂


しかし、激しい運動のあとや

夏の猛暑日などたくさん汗をかくと

体内の水分が大量に失われます。


体内の水分が不足した状態では、

血液の粘度が高まり、

血管の中が流れにくくなるため

血行不良が起こりやすくなります。🤢🤢


それにより新陳代謝が悪くなるので、

ターンオーバーが滞り、

バリア機能も崩れやすくなってしまうのです。


その結果、肌の水分は蒸発し、乾燥肌が引き起こされます。



・睡眠不足やストレス🌝

肌のターンオーバーは睡眠不足や、

ストレスによっても滞ります。

睡眠不足やストレスで自律神経が乱れることで、

正常なターンオーバーが行われにくくなり

乾燥肌が引き起こされてしまうのです。



・栄養不足

潤いのある肌を保つには、

肌の主成分となるタンパク質、

肌を健やかに保つビタミンA、

肌の新陳代謝を促すビタミンB2やB6、

肌のいバリア機能を正常に保つ

必須脂肪酸などの栄養素が欠かせません。


✔️食生活の乱れや極端なダイエットなどによって

これらが不足すると、

乾燥肌を招く可能性があります。✔️



・加齢👵

人間の肌は20歳をピークに、

バリア機能に必要な成分の分泌が減少し始めると言われています。

さらに、肌のターンオーバーも加齢とともに乱れがちになり、

肌が乾燥しやすくなってしまうと考えられています。☝️



乾燥肌の対策

乾燥肌は様々な原因によって

引き起こされることがわかりました。😆

こうした乾燥肌の予防、

改善にはまずは日々の正しいスキンケアによって、

肌の外から水分を与えるとともに、

内からも水分補給を補うことが重要です。👆


具体的な対策について解説しますので、

是非実践してみてください!!✊️✊️



対策①

乾燥肌の場合、毎日のスキンケアは

保湿力の高いアイテムで丁寧に行うことが大切です。🌟


洗顔時は、洗顔料をしっかりと泡立てて

肌を擦らずに優しく洗浄してください。🌟


洗顔後、優しく水分を拭き取ったら、

ヒアルロン酸やセラミド、グリセリンなど

保湿剤が配合された化粧水や美容液で肌を保湿しましょう。💁‍♂️


この時効量や防腐剤、アルコールなどを含まない

低刺激のものがオススメです!

化粧水や美容液で肌に潤いを与えた後は、

仕上げに乳液やクリーム、白色ワセリンなどで

潤いをしっかりキープするのもポイントです!!✔️



対策②

乾燥肌を予防する前には、

こまめな水分摂取も大切です。

ポイントは喉が乾く前に摂取すること。


のどが乾きを覚える頃には、

体はすでに水分不足に陥ってるため、

肌の潤いも失われつつあります。


少量ずつ、こまめに水分摂取しましょう。🥤


なお、コーヒーや紅茶など、

カフェインを含んだ飲み物は利尿作用があり、

かえって体内から水分の排出を促します。


水や麦茶をはじめ、

ビタミンを含むハーブティーやフレッシュジュースなどが

おすすめです!!☕️


また、冷たい飲み物を飲みすぎてしまうと体を冷やし、

新陳代謝を悪くしてしまいます。

常温に戻した状態で飲んだり、

温かい白湯や生姜湯を選んだりするといいでしょう。☕️



対策③

肌の内と外からたっぷり水分を与えても、

肌そのものの状態が悪ければ

潤いをキープすることは出来ません。🙅‍♂️


肌の健康を保つには、

ターンオーバーの周期が乱れないように、

睡眠不足とストレスを解消することが大切です。

規則正し生活を心がけ、

適度な運動や趣味を楽しむことで、

健やかな体と心を維持しましょう。🧏‍♂


また、栄養補給によって、

健康や肌つくりを促すことも重要です。

肌の原料となるタンパク質をはじめ、

肌の新陳代謝を促し、

健やかな肌へと導いていく

ビタミン類を積極的に摂りましょう。


タンパク質は肉、魚、大豆など

ビタミン類はニンジンや小松菜などの緑黄色野菜、

ビタミンCはキウイや苺などのフルーツに豊富に含まれます。


さらに、肌の潤いを保つためには、

肌の表面を皮脂でガードすることも大切です。

皮脂のもととなる必須脂肪酸を含む、

亜麻仁油やエゴマ脂など、良質な油を適度に摂りましょう。😳⭐️

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now