• 水谷 純一

体内の痩せ菌を増やしてデブ菌を退治!腸内環境を整えてダイエット!

最終更新: 10月7日

ダイエットは運動だけではありません。

腸内環境を整えることで、得られる効果。

どうやって整えるのか、なにを摂取すればいいのか

ここでご紹介していきます。



はじめに


普段食事をされている皆さん。

野菜が身体にいいのは分かりますが、

それだけだとウェルシュ菌などが 

腸内で有害物質をつくり出してしまいます。

今の食事で満足していると、

悪玉菌が増え、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。


そのためにはまず、

どうすれば腸内が整うのか正しく理解しないと

効果はもちろん、モチベーションが続かないと思うので、

ダイエットを続けるにあたって、まずは知ることが大切だと思います。


そこで今回はみなさんに理解して頂いて

正しく痩せてもらう方法について説明していきます



1、体内の自分・ミトコンドリア


聞いたことはあるけど、

実際何かわからない方は多数いると思います。

これはとても大事です。

ミトコンドリアとは何か?

ざっくり言うと健康の鍵といっても過言ではありません。


なぜなら、我々の身体を構成している

ほとんどすべての細胞に存在するのがこのミトコンドリアだからです。


主に細胞内小器官の一つとされていて、

一つの細胞内に数百から数千存在し、

占める体積は細胞の22%、体重の1割(10%)にもなるんです。


例えば、このミトコンドリアが低下してしまうと、

がん細胞が増えたり病気や罹患率を上げてしまうんです。


まずはこのミトコンドリアを機能させないと、

身体の不純物であったり細胞を上手く活性化させることが出来ないんです。


例えば身体の余分なタンパクを排出できなくなります。

タンパクを出せなくなると悪玉菌を増やしてしまう事になるんですね。


まずこのミトコンドリア、

つまり体内の自分を動かさないと何も働かないと言うことなんです。



2・腸内フローラ


これが先ほど説明したミトコンドリアに良い作用をもたらす一つです。

私たちの腸内には多種多様な細菌が生息しています。

それらはなんと1,000種~1,000兆個以上あり、

これを腸内細菌といいマイクロバイオー厶と呼ばれています。


特に、小腸から大腸にかけて生息していて、

つまりこれらの様々な細菌が

バランスをとりながら腸内環境を良い状態にしてくれているんです。


腸内フローラの由来は、顕微鏡で腸の中を覗くと、

お花畑のようにみえることから、

『腸内フローラ』と呼ばれるようになったそうです。


そしてこの

『腸内フローラ』は健康に関わる3つの役割を担っています。


①痩せ菌、善玉菌

代表的なのは、

ビフィズス菌や乳酸菌のフェーカリス菌やアシドフィルス菌。

悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、

腸の運動を促すことによって、お腹の調子を整えます。

増やす方法としては食事です。


主に乳酸菌を増やすには

納豆、キムチヨーグルト、チーズ味噌などがオススメです。


ビフィズス菌を増やすには

食物繊維が必要になってきます。

ですが、この食物繊維は出来れば

”食物繊維が豊富な発酵性炭水化物-MAC-”を摂取して頂きたいです。


なぜなら

腸内細菌が好んで餌にする炭水化物であり、

腸内細菌がダイエットや健康、美容

において必要不可欠なんです!


そのMacを増やしてくれるのは主に3つあり、

水溶性食物繊維 / デンプン性食物繊維 / その他になります。


たとえば食材で言うと、

大麦 / 全粒粉穀類 (雑穀米など)/ こんにゃく / ごぼう / 玉ねぎ /海藻 / 芋

豆類 / 冷たいご飯、りんご / バナナ /柑橘類 など。


それらを食べる事で腸内細菌がMACを餌にして

「短鎖脂肪酸」を生み出してくれるのです。

例えば「短鎖脂肪酸」の働きである

・免疫力強化

・血糖値のコントロールで

体内の脂肪の蓄積をSTOP!(体脂肪率を上げない)

してくれる効果が期待でき、

食欲ホルモンを上手にコントロールする事が可能になります!



②デブ菌、悪玉菌

逆に悪玉菌。

代表的なのはウェルシュ菌です。

腸内で有害物質をつくり出します。

脂質や動物性たんぱく質を好むのでお肉や卵ばかり食べて

野菜を食べないと悪玉菌が増えてしまいます。

【 青魚などのオメガ3を含んだ良質なタンパク質は該当しません。】

便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります



まとめ

今回はデブ菌を阻害して腸内の整る方法についてを解説していきました!


1、体内の自分・ミトコンドリア

全ての細胞の司令塔であるミトコンドリアが

活性化すると身体はキレイになります。


そのためには

2、腸内フローラである

①善玉菌

良質な腸内細菌である善玉菌を増やす事が大事になってきます。


主な食品は発酵性食物繊維【 Mac】と発酵食品食品です。


②悪玉菌

動物性タンパク質が増えると便秘になりやすなったり免疫が低下する、

主な食品は動物性タンパク質です。


腸内を整えてあげることで体は細胞レベルでよみがえります。

身体をコントロールして免疫力を高めていきましょう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now