• 水谷 純一

女性の筋肉が付きにくい理由って?

男性と比べて、女性の筋肉が付きにくいメカニズム。

では、女性はどうすれば筋肉が付くのか詳しく説明します。


こんにちは!!

今回は、女性がなぜ筋肉が付きにくいのか?

について探っていきたいと思います。☝️



大きな違いはホルモンの違い



筋肉ができる過程で

絶対に欠かせないホルモンがあります。


それが、

“テストステロン”

と言われる男性ホルモンです。👨‍🦰


このホルモンは男性の方が圧倒的に多く

その差、


なんと約15倍と言われています。😳😳



テストステロンが多ければ

筋肉が付きやすいのも事実ですが、

女性の場合はこのホルモンだけでなく

テストステロンに代わる因子がある事がわかっています。👀


それは、

IGF−1(インスリン様成長因子)という成長因子と


成長ホルモン(GH)が

テストステロンの役割をしてくれている部分があります。✔️


IGF−1は男性と同じ量が分泌され、

成長ホルモンはうまくすれば

男性よりも多く分泌された結果も出ていて、


女性の筋肉ストレングス(強さ)、筋肉量の増加には

男性ホルモン以外の要素が

とても重要な役割を果たしています。⭐️⭐️⭐️




働きかけるホルモンや生まれ持った

筋肉量が違うだけで筋繊維の構造は同じです。


なので、女性の場合は

男性と同じように筋トレをしていても

同じように筋肉が同じスピードでつくことは考えにくいです。🤔


ですが、トレーニングに+して

栄養摂取方法を工夫することで

筋肥大をさせて、

代謝を上げて体脂肪を極力落とすことが必要です。✔️✔️


女性にはテストステロンが少ないうえ、

女性ホルモンの働きにより

脂肪を溜め込みやすい身体にできています。⚠️⚠️


多くの女性が求める体づくり。

例えば、くびれたウエストやたるみのない二の腕。

きゅっと上がったヒップや

引き締まった脚を手に入れるには

トレーニングが必要なのは間違いありません。✨🗣



目標を持ってトレーニングに取り組めば

良い結果があなたのことを待っています。😆


頑張りましょう!!💪🦾

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット