• 水谷 純一

日常の中の姿勢が生む悪姿勢

スマホやパソコンが普及するとともに私達の姿勢悪化が目立つ現代。

健康的な体を作るために自分の悪姿勢を見抜く方法を伝授致します!




はじめに…


ご飯を食べる時、誰かと話す時、歩いている時、仕事をしている時、勉強をしている時。


皆さんはどんな姿勢で過ごしているか意識したことはありますか🤨?


姿勢は私たちの健康に大いに影響を及ぼします🔥🔥


日常のなかでの姿勢がどれだけ大切か、

また、どういった姿勢を保持するのがベストなのか

についてお話していきます✨✨




《悪い姿勢ってどんなの😯??》


姿勢が悪いと言うと、

"猫背"をイメージされる方が多いのではないでしょうか🤢?


私も小さい頃から猫背だと親によく言われていたり、

街中でショーウインドウに映った自分がびっくりするくらい

背中が丸まっていたりするほどでした🤣🤣



そんな猫背以外に悪姿勢はどのようなものがあるのでしょうか?




💥猫背💥…背中の真ん中部分が丸くなっている状態の姿勢のこと。


猫背で引き起こされる症状…肩凝り、腰痛、五十肩、頭痛など




💥スウェイバック💥…背中が丸くなっていて且つ、

頭が前のめりになっている状態のこと。


スウェイバックで引き起こされる症状…肩凝り、腰痛、膝痛など




💥反り腰💥…腰が大きく反れている状態のこと。


反り腰で引き起こされる症状…腰痛など




💥平背💥…人間の背骨はS字カーブが普通なのですが、

ほぼ直線に近い状態のこと。


平背で引き起こされる症状…肩凝り、腰痛など




などがあります。


上記の4つのうち自分がどれにあてはまるか簡単チェックしてみましょう💪!




《悪姿勢どれにあてはまる?簡単チェック法✅》


壁に、肩甲骨・おしり・かかとがつくように立ちます。


この時に、



・肩甲骨が初めに壁につく人⇒猫背


・おしりが初めに壁につく人⇒スウェイバック


・かかとが初めに壁につく人⇒反り腰


・肩甲骨とおしりが同時につく人⇒平背



の傾向にあります。




《悪姿勢の影響は??》


悪姿勢が肩凝りや腰痛などを引き起こすということは

皆さんも知っていることだと思います💀


ですが、悪姿勢の影響はこれらのみではありません👿



例えば、



🤯代謝が悪くなる🤯


…姿勢が悪いと身体の循環も悪くなります。

すると身体は少ない食事でやりくりしないといけないというモードに変化します。

なので今までより、太りやすい体質に。

ダイエットをしている方は食事や運動も大事ですが、

姿勢改善を見直すことも重要だということを覚えておいて下さい。




🤯年齢とともになりやすい病気のリスクが上がる🤯


…四十肩や五十肩・ぎっくり腰などの年齢とともに発症




🤯自律神経失調症🤯


…悪姿勢によって背骨が曲がってしまうことで

その背骨のなかに通る自律神経にダメージを与えてしまいます。

このことで肉体的疲労を感じやすくなったり、

うつ病など精神疾患になるリスクが向上します。





姿勢1つでも、健康状態に影響💥が出てしまうことがわかりますね😵



ここからは、そんな悪姿勢を改善する方法をご紹介していきます!



❇️キャットバック❇️



→四つん這いから胸を起こし、背中を伸ばす。


そこからゆっくりとおへそを覗き込むようにして背中を丸める。


この繰り返しです。




✴️肩甲骨ストレッチ✴️



→手を肩に置いた状態から、

ゆっくり肩甲骨を寄せるように意識しながら後ろに回していきます。


終わったら前に向かって回していきます。


これの繰り返しです。




❇️首ストレッチ❇️



→首を前に倒して首の後ろ側を伸ばします。


次は反対に首の前側を伸ばすように首を後ろに倒します。


この要領で左右・左右斜め前後も同じように首を倒していきます。




これは姿勢改善法の一部なので他の方法も試してみたい方は

ネットサーチしてみてください💻️!




おわりに…



みなさんいかがだったでしょうか😙?


自分の姿勢のタイプってあまりわからないですよね🤔?



だからと言ってわからないまま放置するのではなく、

自分はどういった姿勢なのか、

その姿勢をもとに自分にあった改善法を行うことで、

長年の肩こりや自律神経の乱れからくるイライラなどが解消できます👏!



ですので、皆さんも一度自分の姿勢を見直していきましょう👀☝️!!

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット