• 水谷 純一

絶対失敗しない!妊娠中の体重の増やし方

妊娠中は体重が増加する傾向にありますがいったいなぜ体重が増えるのでしょうか?

体重の増えすぎは、母子ともに健康のリスクが高まり、

また、出産後のお母さんの体型にも影響してきます。

ここでは、妊娠中に体重が増える理由と、適切な体重の増え幅についても説明しています。



はじめに

ここだけの話、最近の事ですが妊娠中の知り合いに

「妊娠中になんで太るのー?脂肪取ってよー」と相談?命令?(笑)されたので、

今回はこれについてお話しします。


妊婦さんになった途端、突然太りやすくなったと感じる方も多いはず。

妊娠するとお腹の中では胎児が成長するので、

妊婦さんの体重が増えるのはごく自然のことです。

ただ妊娠中の体重増加が全て脂肪に変わるわけではございません。



1.体重が増える要素

赤ちゃんの生まれた時の体重は平均で3.1〜3.6kg。

これが妊娠中の平均的な体重増加のかなりの部分を占めています。

体重増加は他にも


◦ 大きくなった子宮 (0.9kg)

◦ 胎盤 (0.675kg)

◦ 羊水 (0.9kg)

◦ 大きくなったおっぱい (0.45kg~1.35kg)

◦ 妊娠して増えた血液の量 (1.35kg~1.8kg)

◦ 増えた水分の量(0.9kg~1.35kg)

◦ 増えた脂肪 (2.7kg~3.6kg)

妊娠から出産まで全体で大体10キロくらいは増加します。


赤ちゃんが産まれてからは妊娠中に増加した体重は減っていきます。


妊娠中に最も大切なのはママさんと赤ちゃんの健康です。

体重に関係なくママさんと赤ちゃんが必要な栄養素を

しっかり取ることを意識する必要があります。


なので必ずしも体重が増える事が悪いわけではございません。



妊娠後期になると体重が増えやすくなるのにはいくつかの理由があります。

まず、妊娠初期にあった「つわり」の反動です。


今まで我慢していた分、何を食べてもおいしく感じられ、

ついつい食べ過ぎてしまうことも多いようです。

誕生日やクリスマス、週末などイベント事の際には注意が必要です。



そして他にも、

妊娠中に何かしらのトラブルがあり

お医者さんから安静にとの指示を受けた所、体重が一気に増える事もあります。

トイレと食事以外は動かない為、消費カロリーが減る一方で、

家に居る時間が長くなると、ついついつまみ食いをしてしまい太ってしまうからです。


産休で仕事にも行かなくなり、

臨月で実家に帰り家事全般も親にしてもらうようになるのも

活動量が減り太る要因です。



ママさんの過度な体重増加は、

"妊娠高血圧症候群"のリスクが高くなることが挙げられます。

むくみ、高血圧、タンパク尿の症状が出るリスクが高まります。

赤ちゃんにも悪影響があり、胎児の発育不全や通常よりも

体重が少ない低出生体重児などのリスクが高まると言われております。


さらに悪い場合には、

おなかの中の赤ちゃんが急に亡くなってしまう危険性もあるのです。

万が一を避けるために、

できるだけ早く赤ちゃんを体外に出そうと帝王切開での出産が行われる事もあります。


また妊娠糖尿病のリスクもあり、

赤ちゃんの体重が4000gを越えると難産となる確率が高まります。

そのほか、微弱陣痛になりやすいため、なかなか分娩が進行しないなど、

さまざまなリスクがあります。


ママさん、お腹の赤ちゃんともに健康にいる為には

過度な体重増加は避けなければなりません。



2.妊娠中の適正体重

妊娠中の適正体重は、妊娠前の体重と妊娠期間によって個人差があるので、

妊娠全期間においての増加目安があります。


厚生労働省では、

妊娠中全期間を通して望ましい体重増加目安を以下のように設定しています。


・妊娠前のBMI18.5未満(やせ)増加目安9~12kg


・BMI18.5以上25未満(普通)増加目安7~12kg


・BMI25以上(肥満)増加目安は個別に対応


BMIの求め方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)



妊娠中期~末期(16週から出産まで)の、

1週間あたりの望ましい体重増加目安も設定されています。


・妊娠前のBMI18.5未満(やせ)推奨増加目安 0.3~0.5kg/週


・BMI18.5以上25未満(普通)推奨増加目安 0.3~0.5kg/週


・BMI25以上(肥満)増加目安は個別に対応



3.過体重にならない為には

食生活でかつては「2人分食べなさい」と言われたこともありました。

しかしそれは食べ過ぎです。


とはいえ妊娠中には、必要な栄養素は増えます。

主食(ご飯、パン、麺類)と主菜(肉、魚、卵、大豆製品)

副菜(野菜、海藻、きのこ)をそろえてバランスを整え、

主食は茶碗に軽く1杯分、主菜は手のひら1枚分、副菜は両手に1杯分ほどにしましょう。これを朝食・昼食・夕食の3回食べ、

それに加えて乳製品や果物などの間食を200Kcalほど摂ると適量です。


ただし、脂質の多い食事は量が多くなくても高カロリーになるため、

和食中心にすると良いですよ。そして減塩・薄味を心がけましょう。


食事と同じくらい運動をすることも大切です。

ウォーキング程度の運動がおすすめです。朝の散歩をしたり、

仕事をしている人は通勤で歩いたりするなど、

日常生活の中で一日30分~1時間を目安にしましょう。


息を止めて力を入れるような動きや、長時間の運動はおすすめできません。

体調が優れないときや、天候の悪い日などは無理せずやめましょう。



おわりに

いかがでしたか?

妊娠中に体重が増える事は自然のなりゆきです。

しかし、自然のままに体重を増やすことは、

お母さんだけでなく大切な赤ちゃんの健康にも影響を与えます。

体重は自然に増えるのではなく、お母さん自身がコントロールして

必要な分だけ増やしましょう。

そうすることで、出産後のお母さんのダイエットもうまくいきますよ。


この記事の内容をうまく取り入れて

お母さんも赤ちゃんも健康でいられるようにしましょう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now