• 水谷 純一

脂肪を燃やしてくれる褐色脂肪細胞の本当の結末が・・・

今回は褐色脂肪細胞について

色々お話をしていきます!



皆さん脂肪というワードを聞くと

太ってしまうであったり

マイナスなイメージがあると思うんですが、


実は脂肪の中には大きく


白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり


この褐色脂肪細胞は脂肪を逆に燃焼してくれる


ダイエットの味方の脂肪なわけです!


つまりこんな脂肪を増やせば痩せることができる。

最高の体内のパートナーですが、


実際のところどうなのか?

と疑問に持たれる方も多いです。


そこで!

今回は褐色脂肪細胞が

本当に効果的なのかを検証していきます。



先にお伝えしますが、

答えは「よく分からん」といった所です😅


あれだけ痩せると言われていたのになぜ?

と思われる方も多いと思うので、

理由について話してみたいと思います。



●褐色脂肪細胞って?


そもそも褐色脂肪細胞ってまだ何かよくわからん!

と思う方が多いと思います😁☺️


褐色脂肪細胞とは体内のミトコンドリアが

熱を発して褐色に光ることから

褐色脂肪細胞と言われています💪💪



これは肩甲骨のあたりに多い脂肪組織で、

冒頭でもお伝えした通り

普通の脂肪(白色脂肪細胞)と違って

脂を分解してエネルギーに変える性質を持っていんです😎✨✨


なので褐色脂肪細胞を働かせるには

肩甲骨周りの筋肉を動かしたり、

身体を冷やすと効果的なんです!



え?って話ですよね🤣


実は褐色脂肪細胞は寒い条件下で働くという事もあるので


夏よりも冬に増え、温かい場合は働かないんです😱😱


つまり、冷たい刺激に反応して、

褐色脂肪細胞が働くということです☺️



「褐色脂肪細胞を増やすために、

首から背中にかけて冷やしましょう!」



何て聞くこともありますが

少しお勧めはできないですね😅




●検証

褐色脂肪を刺激すれば

「太りづらい体になるのでは?」

という考え方が増えてきて


「ダイエットの救世主」と


絶賛する方も少なくないんですね☺️❤️


でもなんと!!

実は褐色脂肪がどれぐらい役立つかはまだ謎なところが多く

「本当に刺激によって脂肪を燃えやすくできるのか?」

「そもそも褐色脂肪って増やせるの?」

といった大事なところが分からなかったりするんです😂


だからここからが大事なところです!




●研究

賛否両論あったのでこんな研究結果が生まれました。

24人の健康な男女が対象で(体脂肪率は28%位)

「普通に食事をした状態」と「24時間の絶食状態」

の2パターンでエネルギーの消費量を計測しました!



みんなにTシャツ短パン姿で16°Cの部屋に2時間ほど入ってもらい、

褐色細胞を刺激する(褐色細胞は寒さで働くようになるので)。


その後で消費エネルギーの量を計測する🤔🤔




そこから参加者のエネルギー消費量の変化を見て、

全体を2つのグループに分けたそうです😆😆


倹約家=空腹時の消費エネルギーが減りやすいタイプ💪


浪費家=空腹時の消費エネルギーが減りにくいタイプ💪


通常、人間の体は、カロリーが足りないとき

「エネルギーを節約しなくちゃ!」と考えるので、

その分だけ代謝を落として

消費エネルギーを減らそうとするんです😁✨


しかし、この反応には個人差が大きくて、

生まれつき代謝が下がりにくい人もいるわけなんです❤️


このタイプは、現代のように食事な豊富な環境でも、

スリムな体型を維持しやすいわけです🥺🥺


●結果


倹約家の食事

1日のエネルギー消費量が2098kcal


24時間絶食の場合は1872kcalだった


浪費家がちゃんと食事をした場合は

1日のエネルギー消費量が1825kcalだったのに対し、

24時間絶食をした場合は1746kcalだったそうです😵😵


これを見ると、倹約家と浪費家のあいだでは、

食事量の変化に対応して

結構な消費カロリーの差があるみたいですね😱😱

なかなかの違いですね🤔🤔




続けて褐色細胞による消費エネルギーの違いを見た結果、、



各自が持つ褐色脂肪細胞の量は、

24時間のエネルギー消費量と関係がない。



寒さによる褐色脂肪の活性レベルは、浪費家のほうが大きかった。

という事から生まれつき浪費家の体質に恵まれた人は、

応じて褐色脂肪の活性レベルも高いわけですね😅😅


ただ!

この研究は、あくまで特定の短期的な研究に過ぎないので、

この結果が長期的にどんな違いをもたらすかは不明です。


ただ、今回の結果をみる限りでは、、、


褐色脂肪が日々のエネルギー消費量に及ぼす影響は

めちゃくちゃ小さそうという事です😆😆


褐色脂肪をどれだけ保有しているかは個人差が大きく、

現時点では増やす方法もよくわからない


というより、

褐色脂肪の量を簡単に計測する方法もよくわからないという事です😭😭

●まとめ


まとめると現時点では

「ダイエットのために気にするだけ無駄!」という結論になりました!!

アンチエイジング目的で活性させるなら別ですが、

そのくらいなら美肌になれる食事を

果物、野菜からとったほうが早い気がします😂

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット