• 水谷 純一

食事で人生を支配してダイエットを成功させる方法。!「脳腸相関」

ダイエットは運動だけではない。

運動より重要なこと!

それは「脳」と「腸」のバランス。

その理由をわかりやすく解説していきます。



●はじめに


今回は「食事で脳と人生を支配する。脳腸相関」

について話をしていきたいと思います✨☺️


皆さん普段の生活の中で、

最近不安になったりだとか、

特に今の時期のコロナの影響による

在宅時間が増えてストレスによる過食で、

体重の増加などありませんか?😅


たとえば家族です。

子供を育てながら、仕事をしながら家事をする。

とっても大変ですよね😅


でも、そんな毎日を食事一つで変えることができれば。

ストレスを溜め込まず生活ができるとすればどうですか?☺️✨



食べ物一つで

自分を変えていくことは可能です。

なぜなら脳と腸は繋がっているかです!

タイトルでも話した通り、

自分で人生を変える事ができる、

脳と腸の関係性について話をしていきたいと思います😆


1●第2の脳

2●自律神経と脳腸相関

3●オススメの食材

●終わりに



1●第2の脳


まず第2の脳から説明していきます。

第2の脳というのはそう、腸なんですね。

腸には脳に次ぐ多くの神経細胞が存在していて、

感情にも深くかかわっているため、「第二の脳」と言われているのですね🥰🥰


例えば野菜や発酵食品を食べないで悪玉菌を増やすような、

荒れた食生活を繰り返していると、

腸の不調は脳に反映され、

脳に受けたストレスは腸に反映される。

といった負の連鎖が起きます。🥺🥺


この関係を「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」といいます♥️


 つまり良い食事をする事で、

脳を利用して自分の感情を抑えて

人生を豊かにする事が出来るんです☺️



もともと、生物は腸だけで生きている期間が

非常に長い間続いたんです。


動物は進化の過程で『腸』だけで生きていたのです♥️♥️




しかも今でも腸だけで生きている生物がいるんです


それは『ミミズ』です👀


例えばミミズは脳も目も口も耳も、

腸以外の臓器はほとんど持ってないんです。

だけど自分に必要な餌をちゃんと食べているんです。

すごいですよね😚😚


なぜならミミズの腸には『腸内細菌』がたくさん存在していて、

この腸内に神経細胞や免疫細胞

消化吸収細胞などが働き、脳がなくても様々な判断ができ、

ミミズは病気を防ぐ免疫機能も備えているんです😭😭


 いかに腸内が大事かということを

ミミズが証明してくれてるんですね😙


つまり僕たちには目や鼻、心臓などたくさんの臓器があって

言葉を話すことができるのも

これ実は、腸と関係しているのです☺️

つまり、腸が出来てから脳が形成されてきているので、

本当の意味で生物の脳は腸といっても過言ではありません😁


脳の形成はそもそも 腸の長さが短くなり、

余った血液を脳に回すことができ、

脳がどんどん大きくなったといわれています😙




2●自律神経と脳腸相関


先程説明した通り、

脳と腸との関係はわかっていただけたと思います。

それはストレスなども同じです😥


外部でストレスを受けると

交感神経が優位になり

脳から腸に伝達され、腹痛や下痢を引き起こしてしまいます🙃🙃


逆にウインナー、ベーコンなどの加工食品。

人工油などのトランス脂肪酸。

主に揚げ物やパンに多く見受けられます。


これらを摂取し続けると腸内は荒れて

脳にストレスだと信号を送るわけです。

そのやまびこ状態が続くと

自分の人生を悪くしてしまうハメになってしまうのです😟😟



そこで!

ここまで見て下さった方達には

食事で脳を支配する方法として、

オススメの食材を紹介するので是非食べて見て下さい😙



3●オススメの食材


●トマト


トマトといえば、

リコピンを多く含み抗炎症効果や美白効果がある。

最強の食材ですが、

自律神経を整えるためにも欠かせない働きをする「GABA(ギャバ)」

と呼ばれる成分を含んでいるんです☺️✨


ギャバはアミノ酸の一種で、

脳の様々な機能を調整する神経伝達物質として働きます。

脳の血管や神経をリラックスさせて血流を促したり、

脳細胞への酸素供給量を増やしたりする働きをします。


GABAは元々人間にも備わっているのですが、

年齢と共に減少していき、

トマト1個で1日分のギャバが補えるということですので、

1日1個のトマトを摂取して上げて下さい😆😆



●バナナ


バナナをはじめ、豆腐や味噌などの大豆製品、

チーズや牛乳などの乳製品、雑穀、肉、魚などの食材には、

「トリプトファン」という物質が含まれています🙊


このトリプトファンは、

幸せホルモンと呼ばれる

「セロトニン」を脳内で作り出すために欠かせない材料です。


セロトニンは気持ちをリラックスさせる効果があり、

自律神経のバランスを整えるうえで

非常に大切な役割を果たしています😘😘


このセロトニンの生成に不可欠である

トリプトファンは体内で生成することができないため、

食事から摂取しなければなりません😬


ではなぜバナナなのかというと、

セロトニンの生成にはトリプトファンの他に、

ビタミンB6と炭水化物も必要な材料とされていて、

これら3つの栄養素をすべて含み、

効率良くセロトニンを生成できるのがバナナなのです❗️❗️



ですがバナナはカロリーが高いから

太ってしまうのではと思って

いる皆さん多いのではないでしょうか?😅


その通りですね。

バナナは糖分も高いのでしっかり計画的に使わないと

身体には良いけど、使い方によっては太ってしまうので注意して下さい😭





●終わりに

今回は脳腸相関の関係性とダイエット方法

について話をしていきました。


上手にご飯を食べて脳を支配して、

自分の手でダイエットを成功させましょう😍😍

加圧トレーニング×骨盤矯正×ダイエット

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now